白いレースのカーテンにできる黒いポツポツの正体と予防法

真っ白いレースのカーテンに気がついたら黒いポツポツができていた、という経験はありませんか?それはもしかしたら黒カビのシミかもしれません。
レースのカーテンにカビが生える原因で考えられるのは窓の結露です。冬場、室内と屋外の温度差が激しいと窓ガラスが冷え切って室内の水蒸気を冷やし、結露となって窓の内側を濡らします。ひどい時にはレースのカーテンが水分で窓にぺったり張り付いていることもあるほどです。カビは湿気があるところに繁殖するので、結露した窓にかけられたカーテンはカビの絶好の繁殖場所になってしまいます。
黒カビは一度シミになるとなかなか落とせないものです。カーテンにカビが生えやすい室内環境を見直し、カビの発生を抑えることが大事です。そのために、窓の結露はこまめに取るようにするとよいです。また、灯油などを燃やすタイプのヒーターの排気には燃焼時に発生した水分が含まれており、室内の湿度をあげ結露の原因になります。屋外に排気を出すタイプのヒーターやエアコンの使用など、暖房方法を変えるのも一案です。

PR|おしゃれな壁紙の価格が知りたい|