カーテンの黒いカビを撃退する方法について

日中用の白いレースカーテンの裾の部分に、大量の黒カビが発生してしまいました。冬場の窓の結露に長期間触れていたのを放置していたことが原因であると感じています。洗えるレースカーテンだったので、洗濯用の漂白剤につけた後に、洗濯機で洗ってみたところ、全体的に綺麗にはなりましたが、黒カビはしっかりと残ったままでした。思い切って、お風呂場で、泡タイプのお風呂用の塩素系カビキラーを黒カビに吹き付けて、10分ほど放置した後に、浴槽内でしっかり洗い流し、洗濯機で再度洗ったところ、黒カビは全て綺麗に取れていました。レースカーテン自体も、変色したり、縮んだり、傷んだりするようなこともなく、再び使えています。塩素系カビキラーは漂白剤であるため、白色以外のカーテンでは、色が漂白されて白くなってしまうため、使用は避けた方がいいと思います。白いレースカーテンは、すぐに再度黒カビが発生するため、レースカーテンのすそが触れる部分のみでもいいので、窓の結露対策をしておくことをオススメします。

PR|壁紙も気軽にDIYリフォームできる|